読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文文化と弥生文化、なぜ・どのように違うのか? 講義内容に感激!!!!

15226447_278765629185824_1986095613_n

写真は23日の縄文土器作りの完成3時間前の作品(ひも飾りつけ前)、自分のテーマとして掲げた『恐竜から縄文の時代へ そして、未来へ』である。そして、昨日の26日に三内丸山縄文発信の会主催の縄文塾があり、テーマ:縄文文化と弥生文化、なぜ・どのように違うのか?を講師:辻誠一郎(東京大学教授)の2時間に及ぶ講義を仙台で受けた。この内容にはびっくりすることばかり。すばらしい内容に、本当に参加してよかった!

先ずは縄文時代の紀元前5,900年、十和田湖の大噴火が起ったそうな!そういえば以前の投稿で 十和田湖の大噴火 ” 京都の太陽が おぼろ月に! こんな恐ろしいことがかつて起きた 事実とは!? ”で紹介したのは915年。そのはるか前の7,000年前の出来事である。そして、この大噴火の後、三内丸山等の大集落等で飛躍的に縄文人の数が増えたのだそうである。理由は?、わからないそうである。そして、栗林が急に増え、円筒土器の比率も増したという。すべては環境の変化により、縄文人の暮らしも変化したのだという。晩期に向かっての寒冷期にはトチノキが増えていき、それと共に今度は大木式土器が増えていった。これらは、縄文人が環境に対応して、常に変化、変化し続けて来たのであった。なぜ、土器の種類がいっぱいあるのか?この答えが見つかったような気がする。また、縄文人の面白いのは、毒のあるトチノキやウルシなど、身の回りに置くことで、自分たちを守る役目を持たせていたのだという。ウルシ畑などは特徴的である。

一方の弥生文化。弥生の特徴を、結論からいこう!⓵水田・畑、⓶青銅器、⓷こうじ菌(並行複発酵)⓸建築。気候の環境変化と相まって、朝鮮から弥生人が米文化を持ち込んだ。この水田は皆さんも異論はないはず、それは、お金に結び付くお米が権力闘争を引き起こし、戦争の時代への突入のトリガーをひいてしまった。青銅器はどうであろうか?これが面白いことに、建築と深く結びついているのだ。杉などの針葉樹林の年輪を思い描いてほしい、この年輪から針葉樹は堅いのである。それゆえ、金属でないと木を切れない。そこで、建築が発達し木材の伐採も進んでしまったのだ。弥生の発明はなんと”国菌”といってよい麹菌なのだそうである。日本酒の醸造に大きく関わる「酵母と麹」。これを同時に入れて日本酒作りを行うため、並行複発酵と呼ぶのだそうである。集落の特徴的なところは、青谷上寺地遺跡(鳥取県)という弥生時代の遺跡の集落生態系を復元したものの紹介であった。細い水道によって外海と内海が繋がっていて、津波が来てもほとんど中に入ってこない。集落と海は水道によって繋がっており、そこを船が航行して一番奥に形成されている港に行けるようになっていた。朝鮮、中国などとも交易があったのであろう。

今の日本人はやはり、日本人でなければ感じられないものが多い。庭園づくり、盆栽づくり、縄文土器つくりもそうかな。要は縄文人が林を長年かけて作ったりしていたのに対して、弥生人が米作りという1年サイクルの合理的な生き方を取り入れた。しかし、現代の閉塞感を取り除くにはこの日本人が持ち続けているといってもよい、縄文人の感性を活かした生活を目指すことであろう。

そうそう、私の写真の3作目の土器が完成したら、また紹介しますね!

くりはら陶芸 栗駒焼大渓窯はじめ 大久保窯  栗原陶芸家6人の競演 !!!!

dsc_1168-1dsc_1164dsc_1167dsc_1166dsc_1170

皆さんは陶芸のどこに興味を抱くのだろうか? 大皿の魅力! おおつぼの大胆さ! 抹茶ちゃわんの奥深さ! しかし、日常親しみやすいく使う茶碗などは突き詰めれば 湯飲み茶わんのフィット感 更には、釉のお化粧の優雅さ! お湯を注いだ時の重量バランス、味の微妙な変化等々、生き物のような人に寄り添う存在感。これに魅了された人々が集い来るくりはら陶芸展!

しかし、この陶芸展もいつまで巨匠が元気で継続し続けてくれるのだろうか?日本高齢化!とともに、苦労の連続でこの陶芸の道を究めてくださった方々もご高齢であることは否めない。是非、この機会に足を運んでではいかがだろうか?きっと、あなたの心を射止めるに違いない!

そして、いいものはこの機会にお買い求めを進める。決して、来年もあるとは限らない!ラストチャンスかもしれない!

第14回くりはら陶芸展 2016年11月12日(土) ~14日(月) エポカ21 栗原市 志波姫新熊谷 279-2
◆時間/10:00~18:00 ※14日は16:00まで ◆入場料/無料

ゆっくりと、急いで、いいものを味わいたい!

大崎市80Kmの東西の融合! 鬼首と大貫 時代の閉塞状況を一緒になって打ち破ろう!

dsc_1154-1dsc_1152-1dsc_1131dsc_1145

昨日は大貫地区の自治研修会メンバー15人ほどが鬼首地区の公民館を事業の研修のため訪れた。

鬼首はお米作りで苦心し続けていた地域でもある。なんと、30種類もの銘柄のお米を作付けしている稀有な地域なのだ。その年により、他の地域よりも気象条件がきびしいことで、ある品種がだめでも他方の品種は取れ高が多いとか、あらゆる凶作対応として品種が多いのだそうである。そんな努力の甲斐あってか?なんと「ゆきむすび」が大人気、しかし、一般の方には手に入らない、旅館などへの供給のみとか?しかし、苦労も多く、全てが天日干し条件で、100ヘクタールほどの作付面積らしい。

そんなん中、鬼首の課題は多い。6割以上が60歳を超えている過疎高齢化、そのことにより地域活動参加者の固定化、耕作放棄地の増加、ゴルフ場の閉鎖、その場所へのメガソーラ計画、小学校の統合案への対応、空き地率の増加等々、数え上げたらきりがない、大貫地区も同様の問題を抱えているといっても過言ではない。

そんな中、元気な事業活動が行われている。敬老会、市道路肩草刈り、鬼首フォトコンテスト(有料アルバム好評)、弦楽合奏団コンサート、スノーフェスティバル、鬼首の里盆踊り協賛、新入生交通安全帽子贈呈、スノーバスターズ(高齢者除雪支援)、鬼首だより発行、鬼首カレンダー発行、関東ふるさと会への情報提供/交流、体験型教育受け入れ等です。

ともあれ、今こそ、地域資源を発掘しながら、共々に地域の掘り起こし、再生にチャレンジあるのみ!鬼首の皆さんファイト!!!!大貫ファイト!!!!ファイト!!!!

盛り上がった視察の後はおなかがペコペコ状態、ホテルオニコウベで”ヘルシージンギスカン”を目の前で焼きながらおいしくごちそうになった。平日にもかかわらず、紅葉の季節とあってか、次から次へと観光客が訪れていた。これが、通年続くといいなあ~と思いながらあとにした。

次の視察地は、この地域にある標高530mにある鬼首地熱発電所も発電所ならではの硫黄臭漂うなか見学させて頂いた。この施設は2010.10.17に水蒸気爆発の噴気災害も経験し、継続危機を迎えた。一部設備が損壊し、大幅出力低下を余儀なくされており、平成29年度に所廃止となるそうだ。しかし、設備を更新し、平成35年には5年の工事を経た後、運転を開始する計画をしている。

地熱発電所の近くには江合川の源流(水神様)があり、お水、お水に感謝しながら次の視察地、鳴子ダムへと向かった。

鳴子ダムは先日、土木遺産ツアーでダムの下から200mを見上げたばかりであったが、昨日は紅葉の鳴子ダムを満喫し、自分自身の英気も満タンになったところで、帰路に就いた。

我が家にカンボジア人民泊! 驚愕の思い出に残った事とは ??? ??? ???

dsc_1108-2dsc_1106dsc_1094dsc_1068

11月4日から11月6日まで,JENESYS2016の一環として,今回カンボジアの25人の若者が25人大崎の地に民泊した。

我が家には二人の男子若手(23,28才)行政官が民泊。前回は9月にフィリピンの大学教授の女史とタイの国家公務員の方、女性2名の受け入れを経験させて頂いた。今回、二回目ということもあったが、前回は食べ物の好き嫌いが比較的多かったのに比べ、今回は嫌いな食べ物が全くないという事前情報あったので、特に心配はあまりせずにいた。しかし、言葉の壁は高いのだとの覚悟はしていたが、いざというときには、前回役に立った、パソコンでの長文の翻訳やスマホでの”これは英語で何というとの”の文明の力が今回も功を奏した。

今回の観光案内は地域の古民家、加護坊山、田尻涌谷の縄文遺跡巡り、涌谷天平ろまん館見学(砂金採り含む)、蕪栗沼での渡り鳥の観察等、プラネタリウム鑑賞を行い、有意義なひと時を過ごした。

別れの今日、思い出に残った事を聞くと、観光地での思い出かと思ったらそうではなっかた?なんと想像もしていなかった事柄、それは身近にある、人とのふれあいであったのだ。
⓵ホームスティ先の両親と一緒に夕食時、カンボジアの音楽を歌い踊り分かち合いました。” Dendia Khmer/Khmer Land “
 ♪タララッタター!♪タラララララ!♪タララッタター・・・・・♪
⓶ホームスティ先の両親と一緒に夕食時、ビールやお酒を飲みながら、非常に有意義な会話のひと時を楽しみました。
⓷芝を乗用芝刈り機の運転をしながら一緒に刈り取りしたことです。
⓸家族一緒に外の西側の広場で昼食をしたことです。
加護坊山を見学中に父の友人らと偶然遭遇し、バーベキューを一緒に混ぜてもらい食事を一緒にしたことです。

皆さんも、国際交流は身近なところから初めて見てはいかがでしょうか?チャレンジ!チャレンジ!チャレンジ!

相手を思いやる気持ちがすべてではないでしょうか?   See you again.

クールな田舎を!!! 需要は必ずある 皆の力で 受け皿を作ろーよ!

DSC_1746 (1)

今日は涌谷公開講座「クールな田舎を プロデュースする物語」に出席できた。講師は奈良県生まれの飛騨にとっては、よそ者 ” 山田 拓 ” 氏。岐阜県北部飛騨地域という、白川郷など有名でなかった田舎の地域をフィールドにしながら、世界各国からのお客様を迎え、外国人インターンの受入も行っている方です。

最初は2010年にサイクリングツアーからはじめ、コメの生育の説明、田植え機械の動きの面白さ、学童の通学時のコミュニケーション等々、何が面白いか日本人にはわからないが、外人は日常の里山での出来事すべてに興味を示すのだという。中でも一番人気が青ガエル、シャッター押しまくりだそうな!

次には、室内でのお酒の講習(骨酒等も)。外人はお米からお酒を造る?製法など、興味深々の御様子。夜には近くの居酒屋で得意げに骨酒を注文し、飲まれるそうだ。通りがかりのおばさんからの、もぎたての柿も珍し気においしくほうばるらしい。爺さんがマムシを瓶に入れるところなど、喜んでくれるらしいのだ。日常の里山、そこでの出来事が地域資源なのだ。

通年を通し事業化を目指すため、冬はかんじきツアーを昨年企画したらしいが、雪が降らず なんという残念な結果に終わったそうである。しかし、この5年間で、ツアーによって生まれた4つのHAPPY。①旅人のHAPPY:期待以上の、その土地ならではの魅力に触れられる。②地元企業のHAPPY:旅人の「もう1泊、もう1食」が生まれる。③住民のHAPPY:自分の住む場所に誇りを持てる。④若者のHAPPY:やりがいのある仕事と、新たなライフスタイルを得られる。この結果、2013年には物ではないのに”グッドデザイン賞”を受賞している。

空き家が全国に急増中であるが、面白い出来事としては、里山オフィス(東京から5時間かかる)にマイクロソフト社が3週間滞在し、スマホのアプリ開発の仕事をしていったとさ、これにはびっくり、現代はどこでも仕事ができ、里山でのビジネス度は上がるのかな?空き家対策も真剣に考えなければなるまい。

外国人が2,000万人を超えた今、需要はあるが受け皿がないだけ、皆の力で 受け皿を作ろーよ!

砂金採ったドー!!!! 日本最古の産金地 天平ろまん館 涌谷

dsc_1027dsc_1024-1dsc_1030

私の地元、大貫には金山があり、戦前は他の地域からの人が金鉱山の仕事を求めてきており、賑わっていた。それ以前は金鉱脈続きのお隣り、涌谷は日本最古の産金地として、東大寺の大仏建立に、万葉最北の里が貢献していた。それを鑑賞できるのがお隣、涌谷町の天平ろまん館である。

金を求めて、昨日3人衆は砂金採りいった。写真のボビンはそれぞれ3人が採った金が中で眩いばかりの光沢を放っているのがご覧いただけますでしょうか?30分の制限時間の中、砂をお皿にすくい、最初は皿を鋭く細かくしごき回転させ、その後は水中で砂をゆっくり振り落とすように回し続けるのである。すると、軽い砂とか石は遠心力で外にふるい落とされ、残ったものは砂金の山、山、山である。

と、そんなにはうまくいかない。なぜかというと、赤字になるからであろうことは、想像に難くない。何度も何度も繰り返し、これらの作業をひたすらやり続けた結果がボビンの中の貴重な砂金なのである。料金500円、果たしてこの金の量は如何ほどになるのであろうか?以外に大の大人が熱中してしまい、時の経つのを忘れてしまったほどである。

疲れた体に、そうそう、抹茶。抹茶といえば甘い和菓子が付いている。寒くなった体に甘さとあたたかな渋みの抹茶が体を癒してくれた。茶室「くがね庵」では、気軽に抹茶が味わえ、堪能した後は水琴窟の水滴の幽かな響きを楽しみ、余韻に浸りながら家路に着いた。

地水火風空を見事に捉え 大地の再生にチャレンジ! 丸森ファイット!

dsc_0981
dsc_0990dsc_0599dsc_0961

2016.10.28と29の1泊2日で【大地の再生講座 〜結の杜づくり〜 in 宮城県丸森町】前回の竹炭作りで2回連続での参加をさせていただきました。
講師は、「森の園芸」矢野智徳先生、空気と水を通せば大地は蘇るというのです。地水火風空を見事に捉えた様な、4つの環境分類と八つの環境ファクター理論を里山再生に適応させる、”百閒は一行にしかず”の体験学習を伴う講座でした。

里山全体の薮化した中には空気が通っていない。先ずは”けもの道”がほしい。この里山全体に空気を行きわたらせ、この空気が更に水を運ぶという。次には、ぬかるんだ道路の両脇は炭を敷き空気と水が通るパイプを敷き、植物が繁茂するよう、木や竹で包み、杉っ葉や笹葉等を上にうまく配置し、土を戻す。これを盆地状の駐車場等の一面に幾筋かの空気と水の循環が起こる様、結いの改善作業をおこなった。するとどうだろう、さわやかな風が頬を撫でてくるではないか?皆一様にその変化に驚かされた。

ここで重要なのが、有機ガスの停滞を防ぐ方法、先生が一番苦慮された、先生が考案された、前回竹炭作りで作っておいた炭が有機ガスは有機物で制する”炭”であったのだ。実はこの”火”縄文時代の竪穴式住居の研究で別途、先生がお話されているのです。火は竪穴の室内を対流させおり、虫やカビも防ぎ、暖もとれる。人が他の動物と決定的な違いを起こした技なる”火”。この火を更に使いこなした、応用技術で出来上がったとも言うべき、竹炭を有機ガスの停滞を防ぐ方法に繋げてくださったのである。この縄文時代の竪穴式住居については更に興味があるのだが、次の機会に譲ることにしましょう。

最後の改善作業はドーム状のてっぺんの竹林迄の散策道であるが、時間の関係上、東斜側散策道の泥化した草の生えない道上斜面上の空気と水が通らない、倒木の危険が起こらない様、4~5m間隔で伐採した木を利用し、枕木状に泥が流れ落ちない様、草が生えてくるような施策を行った。この泥が日本全体で起こっている。屋久島のように土がないところでは一切泥は生じない。昔の日本は泥が流れているうちに自然に浄化され清流な川が出来上がっていた。

それにしても、全国で起きている、台風等で起きている土砂災害、これも、コンクリートで空気、水が動かなくなっている影響なのだそうである。土の中の空気が動くには大気が土の中の空気を動かさなければならない。しかし、世界一のコンクリート化率を誇る日本はこの強固なコンクリートにより、水のはけ口を失い、液状化、上部の土石流を引き起こしているのだそうだ。しかも、これを大量の豪雨のせいにしている。大島の災害は更に橋が流木で詰まった事による、2次、3次災害に至ったというのである。

今回の講座を通し、身近には畑の無農薬化、竹林の整備、里山の改善に、そして土砂災害の予防保全にと、小さな一歩をみんなで進めていきたい。ゆっくり急いで!